独身の方に必要な老後の資金額は?男性でも女性でも独身生活が長い方の中には、将来が不安、老後資金が不安という方が少なくないでしょう。今回は、独身一人暮らしの平均的な生活費をシミュレーションし、老後にかかる費用の目安を考慮していきます。 老後の一人暮らし場合、毎月必要な生活費は平均15.3万円程度と言われています。しかし、このデータ、住居費が1.8万円の計算なんです。つまり、持ち家の方を含めた平均になっているんです。では、実際には「老後の生活費っていくらかかるの?いくら貯めなきゃいけないの? そんな老後資金ですが、私は「年収の5~6倍を目安に」とアドバイスをしています。年収の少なかった人は少ないなりに、年収が多かった人は年金額との差が大きくなるので、多めに貯める必要があると考えているからです。 1人暮らしの独身で、且つ賃貸の場合、老後に必要なお金はいくらか? を確認していきましょう。 景気が不安定で年金制度すら怪しくなってきた昨今、 老後に向けた貯蓄(老後資金) を作っておくことは重要です。 特に頼れる身内の少なくなりがちな独身者であれば尚更、です。 独身者の貯金の平均額っていくら?30代、40代の平均貯金額は?自分の貯金は平均以上?もしもずっと独身だったら貯金はいくらあれば老後に足りる?十分な貯金のためには月々いくら貯めればよい?人には聞きづらい、独身の人の貯金について解説します。 05 独身者が必要な老後資金はいくら? まず上述してきた情報をもとに、前提となる条件を整理しておきます。 ここでは老後を過ごす期間は65歳に定年退職してから男性20年、女性25年とし、同年から男女ともに平均的な年金額を受給すると仮定します。 独身ならではの「老後は自分で何とかしなければ!でも、必要な貯金額はいくらなの??」という不安などもあるかと思います。 そこで今回は、 独身の方が老後を安心して生活する資金の必要額 を、ご紹 … 独身男性が一人で老後の生活に突入したら、果たしてどれくらいの資金が必要なのでしょうか?現状の高齢者独身世帯がどれくらいお金を使っているのか見てみましょう。 老後の生活費はいったいいくらかかるのでしょう?「老後も楽しく幸せな一人暮らしをするには」今からどのくらい貯金が必要なのでしょうか。生活費のうちどのくらい、年金で賄えるのでしょう。「おひとりさま女性」が老後も幸せな暮らしを送るために、先立つものはまず、お金です。 平均値を参考に自分の必要学を試算しましょう。 独身男性が老後に必要なお金はいくら? 独身者の生活費の平均は月辺り 16万円 だとされています。 一応、この16万円の内訳について確認しておきましょう。 独身女性の老後資金は、独身男性よりも多く必要と言われています。 会社員で厚生年金が貰える場合でも、平均受給額は男性より低いからです。 また、平均寿命は男性より5年長いので、長期的な視野でマネープランを立てる必要があります。 老後の資金を計算してみる. ②独身女性. 老後にお金の余裕があるといろんな悩みが解決できます。普通の一人暮らしの人が、本当に必要な老後資金はいくらなのか。 老後一人暮らしに必要な平均額と自分に必要な老後資金その算出方法を紹介しま … 結婚しない男性が増えています。調査によると、30~34歳の47.1%、35~39歳の35.0%が未婚となっています。さらに、50歳時点の未婚率を示す「生涯未婚率」を見ると2015年の段階で23.4%に達しており、その後も上昇を続けて2040年には29.5%となる予測が発表されています。