現在のメンバーはデイヴィッド・ローウィー(g)、ダグ・アルドリッチ(g)、ディーン・カストロノヴォ(ds)、そしてグレン・ヒューズ。 スタジオ・アルバムのリリースは2018年の『Burn It Down』以来。通算5作目。 新作のレコーディングは南フランスのLa Fabrique Studiosで、プロ … ディーン・カストロノヴォ(ドラム) アーネル・ピネダ(ボーカル) 旧メンバー スティーヴ・ペリー(ボーカル) グレッグ・ローリー(キーボード) スティーヴ・スミス(ドラム) スティーヴ・オウジェリー(ボーカル) アイデアによって、 バンド形態に変更されました(*´`*). ダグ・アルドリッチ(ギター) 当初は、カストロノヴォさんの、 ソロプロジェクトとして、 企画されましたが、 フロンティアーズ・レコーズ社長、 セラフィーノ・ペルジーノ氏の. Justified 05. Mysterons 04. Man in a Suitcase 02. びっくりしたのはジャック・ブレイズがボーカルを取っているからですが、これがいいロックバラードです。 レヴォリューション・セインツはバンドであってもディーン・カストロノヴォがメインボーカルが崩さない軸だと思っていましたので、びっくりしました。 「Eyes of a child もはや細かな説明不要でしょう!!元ジャーニーのドラマー、ディーン・カストロノヴォが加入し、更にパワーアップした彼らの「バーン・イット・ダウン」ツアー決定版!!熱狂の95分! ディーン・カストロノヴォ ─ ドラム 【収録曲】 01. ディーン・カストロノヴォの解説。1980年代前半から、ワイルド・ドッグ、バッド・イングリッシュ、ギーザーなど様々なバンドで、またオジー・オズボーン、スティーヴ・ヴァイのバック等で活躍してきたドラマー。1998年からはジャーニーの正式メンバーとなっている。 ディーン・カストロノヴォ (英語版: 代表曲. Has to Be 08. リーバイスのCMにて使われた「When I See You Smile」(ダイアン・ウォーレンによる書き下ろし)は、全米1位を記録。 メンバー. ベース、ボーカル. ジャック・ブレイズ – ベース、ボーカル ディーン・カストロノヴォ – ドラムス、リードボーカル 曲名リスト•モード > アルバム順(発行時間) 曲名順(文字数) 曲名順(その他) アルバム名 リリース日 ソング Revolution Saints 2015 1.Back On My Trail 2.Turn Back Time 3. しかし、現在の journey には、 ディーン・カストロノヴォ のパワフルなドラム、 そして、ハスキーで歌唱力抜群のボーカルは必要不可欠だと思いますので、 解雇されないことを願っております。 ニール さん、お願いしますね。 しかし、現在の journey には、 ディーン・カストロノヴォ のパワフルなドラム、 そして、ハスキーで歌唱力抜群のボーカルは必要不可欠だと思いますので、 解雇されないことを願っております。 ニール さん、お願いしますね。 ディーン・カストロノヴォのボーカルのをフューチャーした Revolution Saints の 2nd アルバム "Light In The Dark"が世界には先駆け日本で先行発売されました。今回は全作より曲が良い、ディーンのボーカル … 名手ディーン・カストロノヴォ(ds)が在籍していた事で知られる、la出身の4人組パワー・メタル・バンド、'87年発表の3rdアルバム。 judas priestを彷彿とさせる劇的なリフが荒々しく疾走する楽曲の数々は、「これぞメタル!」と 歌っているのはディーン・カストロノヴォ。 ディーン・カストロ ノヴォはバッドイングリッシュやオジー・オズボーンのドラムを務めていた人。 ゴリゴリのメタルドラマーで、見た目もゴリゴリのマリオw. Box of Six 03. レヴォリューション・セインツ (Revolution Saints) は、ジャーニーのディーン・カストロノヴォ、ナイト・レンジャーのジャック・ブレイズ、かつてホワイトスネイクやディオに在籍したダグ・アルドリッチの3人からなるアメリカのハードロック・スーパーグループである。 そしてメインボーカルは「天は二物を与えたもうた」ディーンカストロノヴォ。 もう良くないわけが無い。 基本的に歌物ハードロックなので、リフやアレンジにそうそう独自色はないですが Department S 06. Area Code 51 07. 6,中 ディーン・カストロノヴォ(ドラムス・ボーカル) 7,左 エインズレー・ダンバー(ドラムス) 8,右 ランディ・ジャクソン (ベース・コーラス) ディーン・カストロノヴォ(ds)がけっこう歌えるのには驚いた。ジョナサン・ケイン(kb)はかつてのグレッグ・ローリーに比べると、イマイチな感じがする。ニール・ショーン(g)はリード向きの声ではないけれども、もっと歌って欲しい気がする。