オプティム、農業分野において国内初となるレベル3を実現する、固定翼ドローンによる補助者なし目視外飛行の実証を実施-農業用ドローンを活用した効率的な農地の作付確認の実現に向けて- この分野でトップランナーの株式会社オプティムは「楽しく、かっこよく、稼げる農業」を目指している。生産者へのドローン無償提供や効率的な農薬散布など画期的な仕組みを展開し、若い世代の育成に … 2016.12.20. オプティムが九州3県でaiやiot、ドローン技術を駆使し、農薬使用量を極限まで抑えた「スマート米」がいよいよ全国に向けて販売されます。オプティムが考えるスマート農業による農業改革、「スマート米 … 株式会社オプティム 農業分野で初めてとなるドローンの「目視外補助者なし飛行」(レベル3)を実証(pdf : 470kb) 2020.10.20up 株式会社オプティムによる「目視外補助者なし飛行」(レベル3)基準への対応内容(詳細版)(pdf : 877kb) オプティムのドローンとai分析システムは、オプティムの「スマート農業アライアンス」に参加しており、一定の基準を満たした生産者へ無償で提供されます。また、ピンポイント農薬散布テクノロジーで栽培された米は、オプティムが市場価格で買取ります。 ドローンをはじめとするスマート農業ソリューションを 活用した実証実験を帯広で開始 ~ドローン×ai×農業で生産性向上を検証~ 2017年12月25日 ソフトバンク株式会社 株式会社オプティム オプティムは、長期的な展望をもって「ドローンの無償提供」にふみきった。前人未到のビジネスモデルに挑戦しているのは、若手中心のフレッシュな農業チームだ。 聞き手:森山健太(食べタイ編集部) … ドローン映像とセンサーデータが可能にする病虫害防除と生育管理、新たな就農者を増やすIoTの取り組み. オプティム、ピンポイント農薬散布テクノロジーにて生産された残留農薬不検出「スマート玄米」発売開始-ai・ドローンを使って栽培された残留農薬不検出のお米、売上の一部を日本の農業の未来を担う生 … 「直播」をドローンで実現しようとしている株式会社オプティムと石川県農林総合研究センター。プロジェクトを主導する石川県農林総合研究センター所長の島田義明氏に、石川県の農業の現状と、直播ドローンの開発秘話を伺いました。 デジタル化で実現する“稼げる農業” ―オプティムが取り組む先進事例から. また、オプティムのai解析技術やスマート農業ソリューションと、エンルートのロボティクス技術を連携させ、スマート農業を実現するサービス提供を目指す。 今後オプティムとエンルートは、2020年3月を目標に新サービスの販売開始を検討していく。 オプティムは、aiとドローン、クラウドソリューションなどを組み合わせた「スマート農業」の拡大を目指し、協業する農家や企業の募集を始めた。2017年12月26日、同社の菅谷俊二社長が記者会見で明ら … 10月24日(木)と25日(金)に開催された「optim innovation 2019」のレポート。基調講演での農業×itの発表と、菅谷俊二社長の基調講演をお届けする。オプティムが描くai・iotの未来とは? aiとドローンで農薬を激減!あんしん・安全な「スマート米」をオプティムが「スマートアグリフーズ直送便」で販売開始 【世界初】ドローンを活用してピンポイントで農薬散布!残留農薬も不検出、オプティムのスマート農業 ソフトバンクとオプティム、ドローンをはじめとするスマート農業ソリューションを活用した実証実験を帯広で開始 2017/12/25 15:30 記事保存 株式会社オプティムは、2018年に佐賀県白石町において固定翼ドローンを用いた空撮による麦の作付確認や、農水省プロジェクト(※)としての佐賀県佐賀市におけるaiによる作付確認実験を行い、2019年には前年に引き続き白石町において麦の作付確認を実施している。 Updated by WirelessWire News編集部 on December 20, 2016, 10:00 am JST Sponsored by 株式会社オプティム 株式会社オプティムはスマート農業の取り組みのひとつとして、ドローンを大豆の生育管理に活用し、病害虫が検知された箇所のみにドローンがピンポイントで農薬散布する試みを実施した。 菅谷 俊二(すがや しゅんじ、1976年 6月13日 - )は、日本の実業家。 オプティム 創業者、代表取締役。 ai・iot・ドローンを活用した農業分野に進出している 。 佐賀大学 農学部招聘教授 2015年8月にドローンとウェアラブルデバイスを活用した「楽しく、かっこよく、稼げる農業」実現を目指した佐賀県・佐賀大学・株式会社オプティムが三者連携提携を発表した。株式会社オプティム代表取締役社長 菅谷俊二氏に、現在の取り組みと、IoTへのビジョンを聞いた。 カテゴリー スマートシティ, ドローン, 人工知能(ai), 要素技術, 農業 タグ オプティム(optim) Previous インフォコムと帝人、「スマート消防服」に内蔵するウェアラブルデバイスを共同開発 オプティムとみちのく銀行が設立した「オプティムアグリ・みちのく」は青森の農業を盛り上げます。「スマート農業の推進・生産者募集」「農作物の販路開拓・販売」「農業ソリューションのマーケティング活動」をきめ細かくスピード感を持って実施します。 歴史の長いドローンによる農薬散布。それをより効率化するべく、オプティムが開発したのが「ピンポイント農薬散布・施肥テクノ … 株式会社オプティムは、スマート農業の取り組みの中で、大豆の生育管理にドローンを活用し、病害虫が検知された箇所のみにドローンでピンポイント農薬散布を行う試みを実施した。 佐賀県・佐賀大学・オプティムは、「it農業に関する三者連携協定」(以下三者連携協定)の成果報告会を開催した。これまでの実証実験結果の報告およびその知見にもとづき開発されたドローンなどが公開された。 株式会社オプティム(東証一部、コード:3694)のプレスリリース:aiやドローンを使い、農薬使用量を抑えたあんしん・安全なお米「スマート米2021」、2020年度産新米の販売を開始